静岡県のJA

JAとぴあ浜松 冬作トマト目揃え会を開催しました

Sとぴあ 篠ヶ瀬愛菜 冬作トマト目揃い会[1]JAとぴあ浜松北部野菜販売センターは、トマト選果場(浜松市西区古人見町)で、冬作トマトの目揃い会を開催し、生産者、選果場職員、市場関係者ら45人が参加しました。
 同JAでは3~7月に春トマト、9月~3月に冬トマトを出荷しています。今年は9月28日から出荷が始まりました。主な品種は約58%を占めている「りんか409」。今年からは病気に強いTY桃太郎ピースやTY麗旬など4品種を新たに増やしました。
 目揃い会では、等級ごとにトマトの見本を用意。参加者らはトマトを手に取って、色や傷の有無など選果基準について確認しました。
 冬作トマトの出荷は11月から1月にかけてピークを迎え、3月下旬まで県内や東京、大阪方面へ8万ケース(1ケース4㌔)を出荷する予定。