静岡県のJA

JA静岡中央会 組合員439,380人との絆づくり研究集会を開催しました

IMG_9974JA静岡中央会は、3月11日に静岡市葵区で組合員との信頼関係構築に改めて取り組もうと「組合員439,380人との絆づくり研究集会」を開きました。 県内JAグループ役職員の1割にあたる約1100人が参加し、県内全組合員調査などを予定する新年度を前に、申し合せなどで意識統一を図りました。  集会では、JA全中の比嘉政浩専務が「農協改革」に係る情勢や組合員評価に基づいた自己改革の実践などを中心に報告を行いました。また、広島大学大学院の小林元助教は「次のステージに向かうJA自己改革」と題し、JAがすべき組合員との関係強化について講演しました。  「自己改革の実践と周知」「全組合員調査での高評価」「組合員一人ひとりとのゆるぎない信頼関係の構築」に全役職員挙げて取り組む申し合せを行い心を一つにしました。

 

 日本農業新聞広告3.11

当日は、『自己改革への挑戦~「あってよかった」から「なくてはならない」へ~』広告を日本農業新聞に掲載しました。ご覧ください。