静岡県のJA

JA掛川市 26年ぶりの皇室献上茶を揉み上げ

S掛川市 柴田裕之 掛川市で皇室献上茶の手もみ[1] 静岡県産の手揉み茶を皇室へ献上する「献上茶謹製記念式典」が22日、掛川市生涯学習センターで開かれました。
 掛川市が産地として選ばれたのは1992年以来26年ぶりです。式典には、県内の茶業関係者ら120人が出席。掛川市献上茶謹製事業実行委員会の委員長でもある松井三郎掛川市長は「天皇陛下の退位を来年に控えた中で、平成の年号で最後となる栄誉ある事業だと感じている。熟練の手揉み技術で最高品質の献上茶に仕上げてもらいたい」と呼びかけました。
 式典後は、静岡県茶手揉保存会の住田恵朗会長の号令とともに、10台の焙炉を囲んだ同会員30人が、一斉に茶の手揉みを開始しました。茶葉は、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」で栽培され、前日に手で摘んだ25㌔で、およそ6時間かけて献上茶として揉み上げられました。献上茶は5月18日に宮内庁に届けられる予定です。