静岡県のJA

JA遠州夢咲 夢咲小玉スイカが出荷最盛期を迎えました

 静岡県掛川市南部の砂地で栽培しているJA遠州夢咲産の小玉スイカが出荷最盛期を迎えています。JA小玉西瓜(すいか)部会では、今年度14人が2万5200ケース(1ケース10キロ)の出荷を目指します。
 近年、核家族化などにより食べ切りサイズの小玉スイカの需要が高まっています。
 2019年産は3月下旬から4月にかけ定植を始めましたが、定植以降少雨傾向が続き若干の遅れがありましたが、例年並みに生育したといいます。
 部会長の福田信行さん(59)の作業場では、収穫したばかりの小玉スイカが次々と運ばれ選別作業に汗を流しました。
 福田部会長は「丹精込めて作ったスイカを多くの人に食べて欲しい」と話しました。
 JA遠州夢咲の小玉スイカは主に浜松市や岐阜県の市場へ出荷します。