静岡県のJA

JA伊豆太陽 しいたけ栽培スクールを立ち上げました

 JA伊豆太陽営農部指導課は11月23日、下田市にある伊豆森林組合で「しいたけ栽培スクール」を開きました。初めての取り組みで、約20人が参加し、奥伊豆椎茸(しいたけ)生産者連合会、伊豆森林組合や椎茸メーカーの森産業などが協力しました。
 JA伊豆太陽が開講した農業の基礎を学ぶ「みどりの教室」で作りたい作物アンケートに選ばれた品目であったことと、一般の人に原木シイタケを作る楽しさを伝えたいという生産者の意見を組み込み、スクールを立ち上げました。
 座学で森産業がシイタケ作りの流れを紹介しました。木の種類や伐採、植菌、収穫などを詳しく説明しました。下田市大沢地区で生産者と森林組合職員が講師となり、参加者は2班に分かれてチェーンソーを使って木を切る実技を行いました。
 参加者は「反動があり、押さえる力がいる」と感想を話しました。2020年1月18日に第2回目のスクールで植菌と玉切りを行います。