静岡県のJA

JAふじ伊豆 イメージソングが完成しました!

 JAふじ伊豆は本年度、新たにイメージソング「ハローJAふじ伊豆」を制作しました。
テレビCMとして放映されるほか、JA内ファーマーズマーケット・直売所のBGMなど各事業で広く活用していきます。

 イメージソングは、同JAが誕生2年目を迎え、より身近に、管内8地区の一体感がより強くなることを目的に制作しました。同JA経営理念「富士伊豆からつなぐ~大地と地域と農業のみらい~」を反映した内容になっています。
歌詞には「食卓に笑顔が咲いた時 だれかに幸せが届いた日 その日の為に 汗にまみれに 大地を肥やし耕すんだ」「富士山のてっぺんから伊豆の先っぽまで手を取り合いましょう 水は巡り 陽は差し込んで 美しい緑の輪につながった」といった組合員や地域住民との「つながり」、食と地域農業のみらいへの「思い」、JAの「役割」を込めています。

 作詞・作曲は、同JA管内の富士市出身でシンガーソングライターの川口カズヒロさんが担当。川口さんは「日頃苦労されている農家の皆さんが、JAの広報誌では笑顔で写っている。そのコントラストと農家の皆さんを支えるJAの経営理念を歌に込めた」と思いを語りました。

 また、イメージソングの完成に合わせ、広報課職員がプロモーションビデオを制作しました。川口さんが同JA特産のミカンや花き、トマトなどの生産現場を訪れて生産者と歌うシーンや、ファーマーズマーケット出荷者・消費者の笑顔などのシーンを盛り込みました。

 ぜひご覧ください!