静岡県のJA

静岡県のJA

 静岡県JAの目指すところは昔から変わりありません。組合員・地域の期待に応えるため、農業を主軸とした協同組合になるため、時代の変化にともない常に様々な取り組みを行っています。

 

めざす姿

 平成6年11月の第43回県農協大会で、本県JAグループの「めざす姿」を決定しました。組合員・地域の期待に応えるJAグループの使命を、長期的な視点にたってイメージ化したものであり、役職員の行動規範です。

本県JAグループのめざす姿

わたしたち静岡県のJAグループは、

  • 農の豊かさを次世代に伝えます。
  • 暮らしの豊かさを組合員・地域住民に提供します。
  • 心の豊かさを地域とともに育みます。

 

10年後の将来像

 平成22年10月、本県JAグループは、前3か年計画〜協同の力、未来への躍進〜(平成23年度〜25年度)の樹立にあたって、「10年後の将来像」を整理しました。役職員はこの将来像の実現に向け様々な施策に取り組んでいます。

本県JAグループの「10年度の将来像」

「農業を主軸とした地域協同組合」

生産者の所得向上による経営安定をめざすことを主軸とし、さらに地域農業の維持・振興を図り、「食と農」の価値を共有する地域住民とともに活動する協同組合

 

3か年計画

 平成28年10月、本県JAグループは「JA静岡3か年計画〜ともに拓こう、協同が輝く時代〜」(平成29年度〜31年度)を策定しました。これまでの取り組みをステップアップした今回の3か年計画を確実に実践し、将来像の実現を目指します。

JA静岡3か年計画〜ともに拓こう、協同が輝く時代〜

  • 農家組合員の農業所得の向上に取り組みます
    地域農業の担い手である生産者組織と大規模農業者の農業経営の向上に取り組むことで、地域の農業振興を図ります。
  • くらしの豊かさの実現に貢献します
    くらしに密着した様々な事業・サービスの提供と支店を拠点とした多様な活動の両面から、暮らしの豊かさに貢献します。
  • JAの健全な運営に取り組みます
    組織を健全に運営するための意見反映と仲間づくり、JA経営の健全性の確保に取り組みます。