静岡県のJA

本会が目指す方向

静岡県のJAグループの『めざす姿』

わたしたち静岡県のJAグループは、

  • 農の豊かさを次世代に伝えます。
  • 暮らしの豊かさを組合員・地域住民に提供します。
  • 心の豊かさを地域とともに育みます。

 

本会の10年後の将来像

 10年後の本県JAグループは「農業を主軸とした地域協同組合」を実現し、JAと組合員や地域住民との絆は深まり、農業・JAに対する理解が促進されている。 それとともに、協同組合運動への参画や事業利用が増加し、JAは地域にとってなくてはならない組織・経営体となっている。

 本会は、「農業を主軸とした地域協同組合」の実現に向け会員を強力にリードし、その過程において適時・的確な指導・支援を行ったため、組合員やJA、連合会からの信頼性は一層高まり、本会に求められている役割と機能について期待に応えることができている。

  1. JAグループを取り巻く環境や情勢の変化に機敏に対応し、本県JAグループの取り組むべき方向性を示すなど、リーダーシップを発揮しJAグループの発展に貢献している。
  2. 本県JAグループの代表機能を担い、生産現場の声を反映した農政活動や国民的合意形成を目的とした広報活動を展開し、地域農業の振興や協同組合運動をリードしている。
  3. 本県JAグループの調整機能を担い、JAの総合性の発揮等に貢献している。
  4. 大きな環境変化の中で経営課題に迅速に対応するとともに、事業伸張や組織基盤強化につながる前向きな企画提案等を行い、JAの健全経営を支援している。
  5. 組合員や役職員への教育を通じて、組合員の協同活動やJA運営への参画を促すとともに、役職員の能力向上を図っている。
  6. 本会の職場は活気にあふれ、職員は仕事にやりがいを感じ、会員と自らのため、夢と誇りと情熱をもって働いている。

 

求める職員像

  1. コミュニケーション力がある職員
  2. 先を読み業務に取り組む(先見性)のある職員
  3. 自律した職員
  4. 企画力のある職員
  5. 自己研鑽に励む職員
  6. 人間的に魅力(人間力)のある職員

 

計画

mezasu